「雨中嵐山」の詩

 かって中国の首相であった周恩来さんは
 京都大学に留学していたとか
 
 青年であった周恩来さんが
 京都の嵐山を訪れ
 その印象を詠んだ「雨中嵐山」の詩

 雨中二次遊嵐山
 両岸蒼松、夾着幾株桜。
 到尽処突見一山高、
 流出泉水緑如許、焼石照人。
 蕭蕭雨、霧濛濃、
 一線陽光穿雲出、愈見姣妍。
 人間的万象眞理、愈求愈模糊、
 -模糊中偶然見到一点光明、
 眞愈覚姣妍。

 1919年4月5日の日付となっている

 雨の中 二度嵐山に遊ぶ
 両岸の青き松に幾株かの桜がまじる
 その尽きるところに一つの山が高くそびえて見える
 流れ出る泉は緑色に映えて 石を巡って人を照らす
 雨が静かに降り 霧が深く立ち籠めている
 日の光が雲間からさして いよいよ美しく見える
 世の中の諸々の真理は求めるほどにぼんやりとして
 ーぼんやりとした中に偶然一点の光明を見出せば
 真にいよいよ美しい

 と
 そんな意味になるのだろうか

 1919年の頃の嵐山
 その頃の中国
 恩師河上肇博士を慕って京都大学に学んだ
 周青年

 蕭蕭雨、霧濛濃、
 一線陽光穿雲出、愈見姣妍

 その思い
 中国の革命運動に身を投じる決意をした
 心境を
 この詩の中で詠んだ

 この「雨中嵐山」の詩の碑文は
 鞍馬石に刻まれて嵐山
 小倉山の麓 嵐山公園(亀山地区)に在る

 今日多くの中国の人たちが来日しているが
 どれだけの人がこの地を訪れているのだろうか
 そんなことが少し気になった

  (追記)
 ある方のブログではこう訳されていた
 こちらの方が詩的で意味としてもより相応しいか045.gif
 掲載させていただきます
 
 “雨の中二度嵐山に遊ぶ 
 両岸の青い松が 幾本かの桜を挟んでいる
 その尽きるところに 一つの山がそびえている
 流れる水は こんなにも緑であり 石をめぐって人影を映している
 雨脚は強く 霧は濃く立ちこめていたが
 雲間から一筋の光が射し 眺めは一段と美しい 
 人間社会のすべての真理は 求めれば求めるほどあいまいである
 だが そのあいまいさの中に 一点の光明を見つけた時には
 さらに美しく思われる”

[PR]
by hai-toku | 2015-08-31 19:14 | 京都 | Comments(0)

学生時代の同人誌のタイトルです             


by hai-toku
プロフィールを見る
画像一覧