個人消費の低迷

 よく行く大型商業施設
 以前はもっと人が入っていたような
 そんな気がする

 駐車場に車を止めるのも
 ぐるぐる回って
 空きがないか探していた

 それが今では
 日曜日でも簡単に見つけられる

 一階のレストラン街
 大勢の人が並んで待っている
 店の前の名前を記入する紙にも
 先客の名が何人も書かれていた

 それが今では
 さほど待つことなく入れる

 二階のフードコートは
 確かに人がいる
 レストラン街とは値段が違う

 別の店の衣料品売り場
 客よりも店員が目立つ
 
 それが特招会の時は
 ごった返すほどの客の数
 レジには長い列ができる

 ヨーロッパ行きのパンフレット
 関空発のツアーの数がめっきり減った
 関空・大阪から成田発の便
 全国規模のツアーだ

 テロの心配も影響しているのだろうが
 それよりも
 懐具合の問題が大きいのでは

 「アベノミクスによって
 名目GDPは44兆円増え
 過去最高水準
 雇用は大きく改善し
 全国津々浦々で
 確実に経済の好循環が生まれている」
  
 参議院本会議で安倍首相は
 高らかに成果を強調したが

 街の様子を見る限り
 そんな雰囲気は見られない

 寧ろ
 年金が減らされ
 保険料や税金は上がる

 賃金が上がったとしても
 賃金から差し引かれる金額も増えている
 先行きは不安だらけだ

 年金生活者も
 子育て世代も倹約せざるを得ない

 「好循環が生まれている」という姿を
 見える形で示してもらいたいものだ

 今朝の新聞に掲載されていた
 我がまちの「17年度予算案」も
 法人市民税は
 景気の動向や市内企業の業績を踏まえて
 20.2%の大幅減を見込み

 収支の均衡を図るための財源対策として
 財政調整基金や減債基金からの繰り入れで
 バランスを取ろうとしている

 基金は減る一方だ

 地方財政も苦しい

 「ふるさと納税」も
 国や人口の多い自治体の税源を
 人口の少ない自治体に移譲しながら
 地方の産業を活性化する機能を有する制度というが

 実態はどうなのか

 「過去最高水準」という
 安倍首相の強調する果実は
 一体どこに消えてしまったのだろうか 

[PR]
by hai-toku | 2017-02-14 11:28 | つぶやき | Comments(0)