先生の一言

 「屁にはプー、スー、ペーの三種類がある」と
 生徒たちに話し始めた
 とある塾の先生

 誰だか授業中に「プー!」とやってしまって
 かなりの音で臭い
 「だれだ! だれだ!」と
 ざわつき始めたその時に
 そう話を切り出した

 そのあとどんな話だったのか
 よく覚えていないが
 先生が話し始めると
 みんながその話に集中した
 見事というほかない

 その先生の名前は
 すっかり忘れてしまったが
 どんな顔だったか
 ぼんやりとだが
 今でも浮かんでくるようだ

 ・・・

 その先生は泣き顔を見せないようにして
 理科準備室に帰ってしまった
 授業中にクラスが騒がしく
 その状態を正常化できなかった先生が
 「もう知らない」とばかりに教室から出て行ったのだ

 しばらくは騒がしかった教室も
 やがて静まり返り
 誰かが声を上げた
 「先生を迎えに行こう!」と

 学級委員だったか
 何人かで連れだって理科準備室に行き
 先生の前で頭を下げた
 「先生を迎えに来ました・・お願いします」と
 
 先生と一緒に教室に帰る
 教室に残っていたみんなも
 先生の姿を見て喜んでいたような
 そんな光景をぼんやりとだが覚えている

 「ベティさん」
 その先生のあだ名だ
 大学を卒業したての新人先生
 はじめて担当した一年生のクラスが
 ぼくらのクラスだった 

[PR]
by hai-toku | 2017-09-12 19:15 | 心に残る人々 | Comments(0)