カテゴリ:つぶやき( 94 )

個人消費の低迷

 よく行く大型商業施設
 以前はもっと人が入っていたような
 そんな気がする

 駐車場に車を止めるのも
 ぐるぐる回って
 空きがないか探していた

 それが今では
 日曜日でも簡単に見つけられる

 一階のレストラン街
 大勢の人が並んで待っている
 店の前の名前を記入する紙にも
 先客の名が何人も書かれていた

 それが今では
 さほど待つことなく入れる

 二階のフードコートは
 確かに人がいる
 レストラン街とは値段が違う

 別の店の衣料品売り場
 客よりも店員が目立つ
 
 それが特招会の時は
 ごった返すほどの客の数
 レジには長い列ができる

 ヨーロッパ行きのパンフレット
 関空発のツアーの数がめっきり減った
 関空・大阪から成田発の便
 全国規模のツアーだ

 テロの心配も影響しているのだろうが
 それよりも
 懐具合の問題が大きいのでは

 「アベノミクスによって
 名目GDPは44兆円増え
 過去最高水準
 雇用は大きく改善し
 全国津々浦々で
 確実に経済の好循環が生まれている」
  
 参議院本会議で安倍首相は
 高らかに成果を強調したが

 街の様子を見る限り
 そんな雰囲気は見られない

 寧ろ
 年金が減らされ
 保険料や税金は上がる

 賃金が上がったとしても
 賃金から差し引かれる金額も増えている
 先行きは不安だらけだ

 年金生活者も
 子育て世代も倹約せざるを得ない

 「好循環が生まれている」という姿を
 見える形で示してもらいたいものだ

 今朝の新聞に掲載されていた
 我がまちの「17年度予算案」も
 法人市民税は
 景気の動向や市内企業の業績を踏まえて
 20.2%の大幅減を見込み

 収支の均衡を図るための財源対策として
 財政調整基金や減債基金からの繰り入れで
 バランスを取ろうとしている

 基金は減る一方だ

 地方財政も苦しい

 「ふるさと納税」も
 国や人口の多い自治体の税源を
 人口の少ない自治体に移譲しながら
 地方の産業を活性化する機能を有する制度というが

 実態はどうなのか

 「過去最高水準」という
 安倍首相の強調する果実は
 一体どこに消えてしまったのだろうか 

[PR]
by hai-toku | 2017-02-14 11:28 | つぶやき | Comments(0)

「いわば将来の年金水準確保法案」という まやかし

 またまた強行採決だ
 数を頼りに強硬に押し切る
 何度見たことか

 それもまた
 甘い言葉で惑わす
 「いわば将来の年金水準法案」だと

 「今の高齢者への支給を抑えて
 将来世代の年金を上げる」なんて
 「上げる」と言ったのですよ

 「百年安心」なんて
 そんな約束もあった筈が・・
 年金には頼れない

 「上げる」言葉のその意味は・・
 信じている人はいないのでは
 
 物価上昇2%なんてとんでもない
 財布のひもはますます固くなるばかり
 <アベノミクス>もこのところ
 すっかり色褪せてしまった

 それでも安倍内閣の支持率が高いのは
 諦めてしまった国民が多いからでは

 「保育園落ちた日本死ね」
 この言葉が今年の
 新語・流行語大賞にノミネートされたが
 今年を象徴する言葉ではないだろうか

 「ポケモンGO」と浮かれてはいられない
 <奢る平家>は何とやら
 「びっくりぽん」とひっくり返らないか
 愚痴っていても始まらないが015.gif

[PR]
by hai-toku | 2016-11-26 11:39 | つぶやき | Comments(0)

呟く

 “しかし 何を どう調べるか
 -何に注目して
 それをどんな視点から調べるか
 そこには 隠しようもなく
 書き手の人生が表れるのである”

 『人生漂泊』という本の巻末で
 作家の佐木隆三さんと対談している
 作家の畑山博さんは

 『復讐するは我にあり』で直木賞を受賞した時に
 その受賞パーティで
 佐木さんの目の前で
 「ただ調べたってだけのくせに」と
 聞こえよがしに言った作家について

 “「本をめくって得た知識でなく
 風土と人の中に飛び込んで
 全身に浴びてくる事実とか
 智恵とかいうものがあることを
 その種の人たちは極端に怖れているようである」
 と書いている”

 佐高信さんの著書『田中角栄伝説』に出てくる
 含蓄のある<言葉>だ

 佐木隆三さんと
 妬心に満ちた言葉を吐いた作家
 書き手の人生
 何度も読み直し心に刻みたい

 リオオリンピックの「安倍マリオ」
 その登場に驚いたが
 そのパフォーマンスに“12億円かけたといわれる”
  (『週刊金曜日』9月9日号 「風速計」より)

 それが本当なら
 その金額に驚く
 一体どれだけのお金がオリンピックに
 注ぎ込まれるのか

 招致に関わるコンサルタント料についての疑惑についても
 「調査チーム」の報告書は
 「相対的に高額だが 不当とまでは言えない」
 「倫理規定違反もない」
 「手続きの透明性に一定の問題がある」としたが
 すんなりと納得できるものではない

 これで幕引きとは・・
 「安倍マリオ」の閉会式でのパフォーマンスも
 何の問題もなしか

 金額が大きすぎて感覚が鈍っているのだろうか 

[PR]
by hai-toku | 2016-09-10 19:45 | つぶやき | Comments(0)

むのたけじ 詞集たいまつ

 また一人「反戦」のメッセージを訴えつづけていた 
 人が亡くなった

 むのたけじさん
 “コトバをコトバとして成立させるにはどうすればよいのか
 ーそれを問いつめるのが私のテーマである”と
 『詞集たいまつ』という著書の中に記されている

 「詞」は厳密には「詩」と区別されるもので
 短いので十四字 長いもので二百四十字
 「詩」が本格的であるのに対して
 「詞」は「頽(くず)れて色っぽいもの」だと言う

 むのさんの
 この本に収められた「詞」は要するに「ことば」であり
 “「頽れて」いるかも知れないが本格的ではなく
 全く色っぽくない”ものらしい

 その「ことば」
 むのさんの「ことば」を拾う

 「忘れたころにわざわいがやってくるのではない
 忘れているからわざわいがやってくる
 忘れることのおそろしさを忘れているあいだは
 同じわざわいが繰り返される」

 そうなのだ
 それが分かっているのに
 知らんふりをして
 同じことを繰り返す

 「ことさらに深刻ぶったり
 虚無家ぶったりする青年に
 私は戦わないで敗走していく者の姿を見る
 何ものかに期待すること
 何びとかに期待することは
 期待する者じしんがためされることである」

 赤ペンで印を入れている
 若き日に読んだこの本のこの箇所に

 「すべてかゼロか
 と叫べば勇ましく見えるが
 物ごとの実相はたいがい歯切れの悪いものである
 しいて二つ割にすると
 必ず空隙ができて
 それを自己満足で補うことになる
 二者択一の発想に慣れていると
 大事なときに二者択一できない」

 わずかな情報で物事を見極めるのは難しい
 <すべてかゼロか>
 そんな発想が闊歩していないか

 “7月10日に投票が行なわれた参議院選挙で
 改憲勢力が3分の2にといわれるほど
 勢力バランスが片側に傾いている
 今
 この言葉を特に送りたい
 今後改憲論議も始まるかもしれない
 そのときに
 敵対するものを排除してはならない
 それにもまして大事なことは
 残った3分の1の勢力は
 相手が無視できないような
 新しい考え方を作ることだ”

 最新号の『週刊金曜日』の
 「話の特集・たいまつ」で
 むのさんが遺した「ことば」である

[PR]
by hai-toku | 2016-08-26 12:08 | つぶやき | Comments(0)

甘利前大臣と舛添知事

 今日のニュースは
 舛添東京都知事の政治資金に関する疑惑について 
 都議会が代表質問でどのように追求するのか
 知事がどう答弁し
 説明責任を果たすのかを
 各局競って取り上げる

 それに反して
 甘利前大臣の現金授受問題は
 既に過去の問題であったかのように
 忘れられたように
 短く伝えられるだけである

 甘利前大臣
 昨日は笑顔で「活動表明」をしている

 それにしても
 つい先日まで体調不良で国会を欠席し
 入院していたのが
 東京地検特捜部が
 嫌疑不十分で不起訴にしたと発表した途端
 この変わり様である

 思い出してみれば
 都合よく(これは主観的すぎるか・・040.gif<失礼!>)
 国会を欠席し追求を逃れ
 説明責任についても
 「引き続け調査を進め 
 しかるべきタイミングで公表する」と言ったきりで
 そのままである

 「睡眠障害」
 国会を欠席した理由は
 そうであったらしいが
 そのストレスも
 伊勢志摩サミットが終了し
 通常国会が閉会するタイミングで
 政治活動に復帰できるほど回復したようだ

 「政治資金規正法」や「あっせん利得処罰法」
 二人に問われた法律だが
 今のままだと違法性は二人ともなかったということらしい

 「ザル法」という声も聞こえるが
 それは失礼な話だ
 そんなことなら
 政治家諸氏は国民に対して顔向けできないだろう

 まして参議院選挙も控えている
 「違法性はない」と平気の平左で済ませられる問題ではあるまい
 国民を舐めてもらっては困る

 さてさてお二人の
 説明責任
 しっかり果たしてもらおうではないですか044.gif
 このままでは腑に落ちない

[PR]
by hai-toku | 2016-06-07 18:11 | つぶやき | Comments(0)

桃の花

e0133701_11502480.jpg
 桃の花が見事に咲いている
 春よこい! である

[PR]
by hai-toku | 2016-03-18 11:51 | つぶやき | Comments(0)

「とんでもない」「期待外れ」という前に・・

 「育休国会議員の“ゲス不倫”撮った」だって!005.gif
 今日発売の週刊文春
 颯爽と登場した育休宣言の宮崎議員を
 仰天させた

 何と何とこの議員
 とんでもない議員であったようだ
 どんな言い訳をするのか
 昨日の姿は逃げ惑うばかり
 これでは期待外れも甚だしい

 週刊文春はこのところ
 ヒット連発
 その情報取集力には恐れ入る
 時の政権何するものぞと
 そんなふうにも見えるのだが・・

 気になる動きが

 総務大臣の高市早苗さん
 この人の言動が気になる
 国会での答弁で放送法第4条を持ち出し
 「政治的な公平性を欠くと判断した場合は
 電波停止も・・」と
 自信たっぷりに答弁した

 今やそこのけそこのけの勢いである

 <誰が判断したら>なのか・・?
 と言えば政府が
 担当大臣たる高市さんがその権限で
 と臆面する様子もない

 第4条を持ち出すなら
 放送法第1条の「・・放送の表現の自由を確保すること」や
 第3条の「・・何人からも干渉され
 又は規律されることがない」も尊重すべきなのに
 そんなことはおかまいなし
 憲法21条も吹っ飛んでしまっている

 そういえば安倍総理は
 憲法9条第2項の改正について先日言及したが
 このときは
 「(憲法9条第2項について)7割の憲法学者が
 憲法違反の疑いがあると指摘した」と
 都合よく憲法を持ち出している

 それを言うなら
 憲法21条を頭に叩き込んで
 高市さんの発言を問題ありと否定すべきだ
 「・・法規に違反しているのだから
 担当官庁が法にのっとって対応するのは当然」とは
 今やここまで言うのか
 である

 甘利さんの疑惑も
 <あまりあきらかにされていない>ままに有耶無耶に終わるのか
 一向に進展がないが
 辞任で一件落着と言いたいのだろうか

 こんな状況下でも内閣支持率は下がらない
 政治には関心が行かず
 日銀のマイナス金利政策で
 経済の先行きも怪しい
 これからの生活
 ジワジワとその影響が随所に出てきそうだ007.gif

[PR]
by hai-toku | 2016-02-10 11:59 | つぶやき | Comments(0)

あさが来た

 NHKで放送されている朝ドラ
 「あさが来た」を楽しんで見ている

 時は幕末から明治へと時代は移り変わる
 その様子が登場人物の暮らし
 場面を通じて知ることができる

 描かれた人々は善人
 それぞれのキャラクターがまた素敵だ

 日が落ち
 夜が来て
 そしてまた朝が来る

 この朝はどこから来るのだろう

 「朝はどこから」という童謡
 ♪朝はどこから来るかしら
 と歌う
 ♬あの空越えて 雲越えて
  光の国から・・と
 まるで夢の世界を想像させるが
 ♪いえいえ そうではありません
 と頭を振る

 そんなとこから朝は来る訳はない
 朝は
 ♬それは希望の家庭から
 だって

 2番3番もそうだ
 「ねんねの里」「おとぎの国」
 そんなところではない
 「働く家庭」「楽しい家庭」から
 「昼が来る」「夜が来る」のだと

 そうなんだ

 朝ドラの「あさが来た」の世界だ

 ♪春よ来い
  早く来い
  おうちの前の 桃の木も
  蕾もみんな 待っている
  はよ咲きたいと 待っている

 その春
 いつもは三月の半ばに咲く
 グジオラスがひょっこりと伸びて
 もう花を咲かせている

 春が来るのはいいが
 少し早過ぎないか
 もっとゆっくりでもいい
 地球に深呼吸させたい053.gif

[PR]
by hai-toku | 2016-02-06 09:49 | つぶやき | Comments(0)

ブログ再開!!

 やっとブログが再開できます043.gif

 パソコンの調子が悪く
 インターネットに接続できない
 電話サポートに助けを求めたが
 その指示通りにしても
 結局状態は変わらず・・

 「プロバイダーの問題では」と言われ
 「機器には問題なし」と・・

 それでも電話相談にかかる費用は発生するのか?
 と
 疑問に思ったが・・

 あとで考えれば
 まだ機器の保証期間の筈だが・・とか
 古い方のパソコンではインターネットに接続できるのだから
 やはり機器に問題があるようだが・・とか
 すっきりしなかった

 結局購入した店に持って行って修理を依頼
 状況を説明する

 やっと修理が完了し
 受け取ったが
 やはり機器自体に問題があったとのこと
 部員の交換を行い
 メーカーの保証期間内で
 無料とのこと

 電話サポートの請求書が
 一か月後に届き
 やはり
 費用がかかるとか

 何の役にも立たなかったが
 確かに電話でサポートを受けたことは事実なので
 コンビニで振り込む

 これも仕方ないか
 それにしても
 金融機関での振り込みはダメで
 コンビニで・・とは
 今は そんな世の中なのか

 ようやくブログ再開!!
 さてさて何を書こうかな037.gif

[PR]
by hai-toku | 2015-10-25 11:43 | つぶやき | Comments(0)

民意を逆撫でする安倍政権

 財務省案だという

 2017年4月に消費税を10%に引き上げる際に
 「酒を除く飲食料品」について
 8%とする軽減税率を設けずに
 一人年4,000円を目安に申告によって
 還付するという案だ

 しかも新たに設けた
 マイナンバーカードが必要で
 買い物時にレジの端末にかざさなければならない

 麻生財務大臣は
 「マイナンバーカードを持ちたくなければ
 持って行かなくていい
 その代わり
 その分の減税はないわけだ」と
 そんな発言を平気でする

 記者も記者だ
 この財務省案について
 意外と<事実をありのままに>ではないが
 批判らしい批判もせずに
 伝えている

 考えてみればいい
 一人4,000円を限度として・・とは
 対象とする食料品費は20万円だ

 その案を実現するために
 環境を整えるために大金を使って・・と
 新国立競技場建設問題やエンブレム問題のように
 湯水のように税金を使って・・と

 無駄なことをする
 
 マイナンバーカードもどうなることやら
 鳴り物入りの住基カードにしてもどれだけの
 効果があったのやら

 あの二千円札
 今は消えてしまったかのように
 目にしなくなったが
 まるで<ババ抜き>

 そもそも軽減税率の話が出た理由は・・と
 初めに帰れば良い

 いよいよ安保関連法案も参議院で強行採決をするのか
 昨日の国会審議を見ていても
 安倍政権の答弁は右往左往
 これで十分な審議が行われたとは
 とても思えない

 最新の世論調査結果を見ても
 国民のこの法案に対する不信は大きい
 国会内の数の力だけで
 無理強いするなら
 その報いは必ず受けるだろう

 今日の中央公聴会にしても
 真摯にその意見を取り上げて審議に生かすのか・・
 それともカタチだけの日程消化なのか・・
 国民の目を欺くことはできない
 確と受け止めて
 ここ数日の国会の動きを注視したい

 <粛々と>なんて
 とんでもないことだ022.gif
 民意を逆撫でする者にとって
 待ち受ける明日は果たしてどんなものなのか
 それは歴史が証明することになるだろう 

[PR]
by hai-toku | 2015-09-15 18:14 | つぶやき | Comments(0)

学生時代の同人誌のタイトルです             


by hai-toku
プロフィールを見る
画像一覧