<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「夢」のつづき

 夜中に目を覚ます

 というより
 眠ってそんなに時間は経っていない

 11時に眠って
 早くて0時半
 トイレに立ち上がる

 それだけではない
 3時半
 また立ち上がる

 そのあとも
 うとうと と
 眠っているのだろうが

 眠りは浅い
 その時の時間を覚えているような
 そんな眠り

 おまけに
 ずっと「夢」を見ているような気分

 その「夢」は近頃の出来事と交差している

 目覚めた後も
 ぼんやりと思い出せる

 住井すゑさん
 『橋のない川』の著者

 その娘さんが
 『住井すゑ ペンの生涯』という本を書いている

 その娘さんは
 「1929年東京生まれ」だという
 著者の紹介欄にそう書かれていた

 何と
 それなら
 住井すゑさんは何年生まれ・・?

 「1902年」
 「明治でいうと35年」
 本を読むとその年が分かる

 この時代に
 この人ありだ

 “・・母は悩みの中から人間平等の本質というか
 ゆるぎなき認識を獲得するわけです”

 “平等だと思うのに現実にはなぜ格差というものがあるのだろう
 ・・こういう状況はどうしておきるんだろうかということを
 非常に疑問に持つ
 この疑問を心のなかで育てる
 そしてなんとかして自分の力でこの疑問を解く
 この意固地さが母のユニークさなんだと思います”と

 住井すゑさんとは
 そんな人だったのです

 “・・校長先生が「このとんでもないやつが・・」とはじまった話のなかから
 母は幸徳秋水というひとは
 この世の人間は皆平等だと言っているのだと察知したのです
 母はーまあこのあたりが母らしいところですけどー
 先生が幸徳秋水は大悪人だと言っているときに
 「この人は私にとっては神様のような人だ」と受け取るわけです
  判断の基準というものを自分のなかにもっている・・”

 大事ですね
 「判断の基準を自分の中にもっている」

 今朝の新聞
 「池上彰の新聞ななめ読み」を読むと
 道徳の時間が“「特別の教科」という位置づけに格上げされ
 文部科学省検定教科書を使い
 成績評価も実施されることになりました”と

 果たしてそれで
 どんな効果が得られるものやら
 「判断の基準を自分の中にもっている」危うし!
 ですね

 池上さん
 つづきに
 “なにせ「教育勅語」にはいいことも書いてある
 などという政治家が存在する時代ですから”と
 皮肉たっぷり

 そんな皮肉を書ける間は
 良いのですが・・

 さてさて
 「夢」のつづき
 明日はどうなることやら

[PR]
by hai-toku | 2017-03-31 12:07 | 徒然 | Comments(0)

九冊目の歌集『歩く』

 歌人の河野裕子さんの九冊目の歌集が『歩く』である
 この『歩く』で河野さんは宇治市の紫式部文学賞を受賞している

 もっともご本人は
 この歌集で第六回の若山牧水賞も受賞していることの方が
 印象深かったのかもしれない

 なぜなら
 若山牧水賞の第三回の受賞者が
 夫の永田和弘さんであったからだ

 前年の秋に
 河野さんは乳癌の手術を受け
 “そのあとしばらく
 歩く力が戻らなかった”という

 だから
 “歩くということが
 どんなに大切なことであるかをしみじみと感じていた”と
 記している

 迷わず
 歌集のタイトルは『歩く』にしたという
 “タイトルに励まされながらまとめた歌稿”だという

  ゆっくりと 治ってゆかう 陽に透けて 横に流るる 風花を吸う
 『歩く』に収められた一首
 「ゆっくりと」という<ことば>が
 河野さんの気持ちを表している

 手術後九年目の歌
  いつまでも 伴侶で居られる 筈もなし 手術後九年が そおっと過ぎた

 “人間には生涯にただ一度という出会いというものがあり・・”と
 女人高野室生寺に訪れた際に
 「出会い」についての心境を
 そう表現する
 
  みほとけよ 祈らせ給へ あまりにも 短きこの世を 過ぎゆくわれに
 “人がこの世に生きられる時間はあまりにも短い
 それを思わないではいられない
 六十余年を生きてきただけのわたしの実感である”
 そんな河野さんの一首である

 河野さんが遺したエッセイをまとめた
 『わたしはここよ』(白水社)という本を読んだ

[PR]
by hai-toku | 2017-03-19 18:58 | 読書 | Comments(0)

学生時代の同人誌のタイトルです             


by hai-toku
プロフィールを見る
画像一覧