NHK朝の連続テレビ小説

 ひとつの物語が終わり
 新たな物語が始まる
 この時期はそうした季節だ

 テレビでは
 朝の連続テレビ小説
 といっても
 地上波だけのチャンネルではなく
 BSでも時間をずらして放映しているし
 一日のうちで何度でも見ることができる

 この番組は
 ず~っと以前「娘と私」から始まった
 おぼろげながら記憶がある

 「うず潮」林美智子
 「たまゆら」笠智衆
 それに記憶にあるのは「おはなはん」
 樫山文枝の笑顔が朝を明るくさせてくれた
 この時分まだ中学生だった
 どうしてこの番組を覚えているのか
 よく覚えていない

 「旅路」「あしたこそ」「信子とおばあちゃん」
 と続く
 主人公を演じた女性たちは
 この番組からスターになった

 それから途切れるが
 「雲のじゅうたん」の浅茅陽子が印象に残る
 「鮎のうた」は根性もの
 そのあと大ヒットした「おしん」に通じる
 物語だ

 「都の風」はBSで再放送枠でしていたのを見た
 「かりん」もそうだ
 BS2では7:45からそうした放送枠が以前あったが
 ぜひ復活してもらいたいものだ

 「おんなは度胸」もよかった
 泉ピン子、藤岡琢也、藤山直美といった
 芸達者な中に主役の桜井幸子が光っていた

 「ひまわり」の松嶋菜々子もよかった
 「あぐり」の田中美里
 「あすか」の竹内結子
 番組は変われど
 主役は変われど
 されど見応えがあった

 「ふたりっ子」の子役を演じた
 茉奈、佳奈は「だんだん」で主役を務めている
 
 「ちゅらさん」
 おばあさん役の平良とみさんが良かったね
 勿論主役の国仲涼子も
 さわやかな元気がもらえる番組だった

 「さくら」もこれまでの番組とは
 一味違う番組だった
 この番組を見て信州を旅したっけ

 まだまだ続く
 追いきれない
 今日最終回を迎えた「ウェルかめ」で
 81回
 年1回から2回に変更されたとはいえ
 「娘と私」から数えてもう49年
 すごい歴史のある番組だ
 
 「純情きらり」の宮崎あおい
 「ちりとてちん」の貫地谷しほり
 ほかにも ほかにも素晴らしい072.gif
 
 来週から始まる
 「ゲゲゲの女房」も期待しよう
 何とテレビ人間だこと040.gif
[PR]
by hai-toku | 2010-03-27 08:51 | 邂逅 | Comments(0)