細川家の至宝

 京都国立博物館での特別展覧会
 永青文庫のコレクションを集めた『細川家の至宝』展に行ってきた
 
e0133701_1031372.jpg


 10月8日に行われた
 細川護煕さんの記念講演会は残念ながら抽選に外れたが
 展示されたコレクションの数々は見応えがあった

 細川忠興が関ヶ原の戦いで実際に着用したと言われる
 甲冑
 細川ガラシア(玉)の自筆の文
 流れるように美しい文字だ
 細川家に伝わる茶道具の数々
 現在の長岡京市にある勝龍寺城の絵地図
 そして山城国西岡御領之図
 この地は私自身が生まれ育った土地でもあり興味深かった

 能面に太刀
 書状に図
 「文武両道」の細川家ならではの様々な展示品に
 目を奪われた

 「暫時不在 如何死人」
 白隠慧鶴の墨蹟 
 中国の禅僧 厳頭全豁の言葉を揮毫したという
 「死」という<言葉>にドキリとした

 「暫時も在らざれば
 死人に如何す
 (一瞬たりとも自己を失うようなことがあれば
 まるで死んだ人間と同じ)」
 という意味らしい
 
 「一瞬たりとも自己を失うな」
 何とも厳しい<言葉>である 
[PR]
by hai-toku | 2011-10-17 19:42 | 注目 | Comments(0)