「とんでもない」「期待外れ」という前に・・

 「育休国会議員の“ゲス不倫”撮った」だって!005.gif
 今日発売の週刊文春
 颯爽と登場した育休宣言の宮崎議員を
 仰天させた

 何と何とこの議員
 とんでもない議員であったようだ
 どんな言い訳をするのか
 昨日の姿は逃げ惑うばかり
 これでは期待外れも甚だしい

 週刊文春はこのところ
 ヒット連発
 その情報取集力には恐れ入る
 時の政権何するものぞと
 そんなふうにも見えるのだが・・

 気になる動きが

 総務大臣の高市早苗さん
 この人の言動が気になる
 国会での答弁で放送法第4条を持ち出し
 「政治的な公平性を欠くと判断した場合は
 電波停止も・・」と
 自信たっぷりに答弁した

 今やそこのけそこのけの勢いである

 <誰が判断したら>なのか・・?
 と言えば政府が
 担当大臣たる高市さんがその権限で
 と臆面する様子もない

 第4条を持ち出すなら
 放送法第1条の「・・放送の表現の自由を確保すること」や
 第3条の「・・何人からも干渉され
 又は規律されることがない」も尊重すべきなのに
 そんなことはおかまいなし
 憲法21条も吹っ飛んでしまっている

 そういえば安倍総理は
 憲法9条第2項の改正について先日言及したが
 このときは
 「(憲法9条第2項について)7割の憲法学者が
 憲法違反の疑いがあると指摘した」と
 都合よく憲法を持ち出している

 それを言うなら
 憲法21条を頭に叩き込んで
 高市さんの発言を問題ありと否定すべきだ
 「・・法規に違反しているのだから
 担当官庁が法にのっとって対応するのは当然」とは
 今やここまで言うのか
 である

 甘利さんの疑惑も
 <あまりあきらかにされていない>ままに有耶無耶に終わるのか
 一向に進展がないが
 辞任で一件落着と言いたいのだろうか

 こんな状況下でも内閣支持率は下がらない
 政治には関心が行かず
 日銀のマイナス金利政策で
 経済の先行きも怪しい
 これからの生活
 ジワジワとその影響が随所に出てきそうだ007.gif

[PR]
by hai-toku | 2016-02-10 11:59 | つぶやき | Comments(0)